第155回芥川賞受賞した
コンビニ人間。


Twitterでこの本を知った。
バンドのボーカル、ずーまー君が
オススメしていた。


本の内容は、


主人公の女性、36歳未婚

大学卒業後も就職せず
コンビニのバイトは、18年目。

いままで、彼氏なし。


小学校の時から、個性的な?性格ゆえ
いくつかの珍事件を繰り返し
そのたびに母親が学校に
謝りにいく。


周りから浮いているのだが
なぜ浮いてしまうのか
本人がわからない。


さすがに、中学高校に上がると
浮くことがイヤで、
なにも発言しなくなっていった。


このままだと、社会と接点を
持つことができなくなると
主人公は焦るなか


大学に入って、はじめて
コンビニのアルバイトをはじめる。


コンビニという世界の中では
自分は必要とされ、社会の
一部分として、存在できる

その安心感を、得ることができる。


日々食べるのは、コンビニ食。
夢の中でも、コンビニのレジ打ち。


そんなある日、婚活目的の男性が
コンビニバイトに入ってきた。


その男に、主人公のような
コンビニ的な生き方は
恥ずかしいと突きつけられるが・・・。


「普通」とは何か?
現代の実存を軽やかに問う衝撃作。


内容は、こんな感じです。




IMG_4107



婚活目的で入ってくる男性。


読み進めるうち、ちょっとワタシは
一番苦手なタイプだけどww


というのは、この男性に似た女性が
昔、自分の部署に入ってきて
その女性の教育係がワタシで


あまりの大変さに、
ワタシが、帯状疱疹に
なってしまった過去がありw


仕事できない、あるいは、
やったことないことなのに

つまらない仕事はしたくない
と自分で発言する人種に
トラウマがよみがえる。。。www



いろいろ書きましたが

薄い本で読みやすい。

年代関係なく、オススメです♪








あまみ


Twitterでもつぶやいてます☆
ブログ更新時にお知らせ♪



noteはじめました。
ブログに書けないこと書いてるかも。
あまみのnote




にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村