好きになった人が好き

セクマイのひとり言。シンママ☆

2019年12月


いつも見にきて下さり
ありがとうございます。


タイトルの通り、このblogは
noteに移行します。





このlivedoorブログは
2018年の5月から始まり
1年半の間、本当にいろんなことが
ありました。


また心境の変化、世の中の
価値観の変化なども、たくさん
ありましたね。


ワタシ自身のつぶやきのような
内容で、好きに書いてましたが
想像以上に多くの方に
読んでもらえて、反応も頂いて
とても嬉しくて楽しかったです。


こんなたわいもないブログに
たくさんの方が見に来て下さったこと
心から感謝します。



noteにする理由は、すごく
書きやすいこと、また読み手も
スッキリと読みやすいこと。


あとは、このblogよりも
もっともっと、ゆる〜く書ける。
今もじゅうぶんゆるいけどw


ブログタイトルがないんですよね。
noteって。


LGBTってことをあまり意識せず
自然にいたい、書きたい
そんな感じでしょうか。


たぶん自己受容が進んだんだと
思います。いい感じです。 


このblogも消さずに残すので
ワタシも時々見に来ます。


今後はこちらで更新します。






よかったら遊びに来てください。
ありがとうございました



相談メッセージ頂きました。
ゲイの方から。

抜粋して、書きます。


___________


あまみさん、はじめまして。
23歳男性、彼氏が25歳。
カミングアウトのことで
相談があります。

僕は今働いている職場で
実績を上げて、上のほうに
のぼりつめたいと考えてます。

大成功したい欲があります。

職場のLGBTへの理解度は低く
ゲイだとカミングアウトしたら
成功への道が閉ざされる雰囲気。

自身のセクシャリティも大事。
恋人のことも、大切ですが

仕事で大成功したいという気持ちも
大きく、どうしてもカミングアウト
したくないです。

ただただ、仕事に邁進したい。

こんな自分は、自分のセクシャリティを
否定しているのでしょうか?


Kより
____________



このようなご相談内容です。

ビアンのワタシにご相談頂き
ありがとうございます。


Kさん、お若いのにしっかりして
いらっしゃいますね。

そして、いまどきといっては
なんですが、仕事に邁進したい
上にのぼりつめたい と


とても男気のあるパワーのある方
ですね。

きっと好きな仕事に出会って
がんばっていらっしゃるんでしょう。
ある意味、幸せですね。


で、上記の件

そんなやる気みなぎってる
あなたが、カミングアウトによって
その成功の道が危ぶまれる 
とのこと。


そんなもう、全然カムアなんて
しなくていいし、むしろ
なんもしないでいいと思う!

気にしないで、仕事楽しんで。
からだにきをつけながら
邁進しちゃってください。


そして、最後のが一番大事な
ご相談かな。


自分のセクシャリティを
否定しているのか


と言う件。


カムアしないからって、否定してる
というのは、違いますよね。

逆に、カムアしてる人が
自分自身を全肯定してるか といったら
それもまちまち、人による。


そこは分けて考えていいと思います。


仕事は仕事で全力尽くし
成功する。


カムアは、したい時にしたい相手に。
そして、しないからといって
自己否定してるわけではない。


そんな感じでいいと思います。


なにより大事なことは
Kさんが幸せを感じること。
人生を楽しむこと。


カムアして、気持ちが暗くなるより
しなくても、幸せなほうを選ぶ。


いつか大成功したあかつきに
カムアしたくなったらすればいい。
したくないなら、それでいい。


自分の中の制限というか
ブロックを、取り外して
自分を自由にしてあげてください。


仕事もがんばってください。
応援してます。


turu



いつか
「あのときの鶴でございます~」

って、恩返ししにきてくれていいよw



あまみ



note絶賛更新中!こちらへ☆






いつもありがとう(^^)
今日も押してくれたあなたに
幸せがなだれ込みますように☆
押してね(はーと)
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




 



時事ニュースから。







⚫34歳

⚫女性

⚫両親が女性2人



日本、どんだけ遅れてる?

国の規模や人口とか
違うけどね。

人々の意識からして、そもそも
遅れてると思うわ。




<お知らせ>

最近、氣ままにnoteを更新してます。
過去ログをただ移してます。
よろしかったら遊びにきてね。


あまみのnote




あまみ





いつもありがとう(^^)
今日も押してくれたあなたに
幸せがなだれ込みますように☆
押してね(はーと)
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



 


3日から、山羊座木星期スタート!


今から2年前の2017年12月20日に
土星が山羊座に入って

冥王星も、2008年11月27日から
ずっと山羊座にいて
(2023年3月24日までいます)


山羊座に、木星と土星と冥王星
3つの天体が位置するわけです。


どんな時かというと


不必要なものをそぎ落とし
本当に大切なものを大切にする

そんな動きがスタートします。



なので、
これまでと大きく生き方を変える!

そんな人もたくさん出てくるでしょう。



今日までの射手座木星期は、
拡張期であり、広がった期

自由に好きなことを好きなだけ
広げることが応援される時なので


ちょっと無法地帯にもなりがち
だったことが


現実的に落とし込まれてくるし
本物と、まがい物を見分けやすくなる。


世の中全体が引き締まる感じ
です。



射手座木星期に、感動したこと
やってみたいこと

やっぱり自分には〇〇が大事なんだ!
って思ったことを


夢を夢で終わらせず、自分らしく
確実に、結果に結びつけるとき。


まとめ、整理し、実行に移して
いくことができるとき。


だからこそ、これからの一年は
とってもやりがいのある
面白い一年になります。


そのためにも

自分にとって、本当に必要なこと
本当に大切にしたいことはなんだろうか


そのことを常に考え続けること


自分にウソをつかないこと。
本当の想いでないものを
少しずつ脱ぎ捨てていく。


そんなことを山羊座木星期が
助けてくれます。




山羊座木星期は、
自分にストイックに 
という感じではなく


自分をあたたかく
柔らかく守り、解放していく
方向性がみえてくる。


そんなことを体験していけるかも。


nuko33




山羊座木星期も楽しみですね。

とっちらかったことが
整理されて、本当に必要なものを
大事にできそうです。



ワタシは明日から、
セラピストの研修に
いってきます。


免許取って、また収入の柱を
増やします。
柱はいくつあってもいい。



【ワタシの夢】



ワタシのとっても現実的な夢で

そのセラピーとカウンセリングを持って
全国のL友さんたちをまわりたいです。


セクマイの自殺率が、ヘテロの3倍。
やっぱりそんな世界は違うと思うので
少しでも誰かの心や身体を
軽くすることをしていきたい。



できたら、キッチンカーを購入し
薬膳カレーを作りながら
いろんなとこまわって
セラピーもカウンセリングもやって。


そんなこと考えてます。
これからの人生で
たぶんやっちゃいます



今年はワタシ自身、体調悪くして
手術とかリハビリやったんですね。
生死をさまよったんです。


それで、食養生とかものすごく
勉強しました。薬に頼らないことや
自己治癒力、免疫のことなど。


なので、食の大事さに気づけたので
薬膳カレーとか酵素玄米とか
提供していきます。



キッチンカーなら、こないだの洪水や
自然災害で、ボランティアで
駆けつけることもできますから。


polcaやクラファンで募金つのって
100食とか、避難生活してる人に
提供もできる。


その時のセラピーは完全無料で
やっちゃいます。


あとは、少し後で
女子専用のアパート経営も
考えてます。シンママもOKです。


セクマイ優先ですよ、なんて。
みんなで一品持ち寄りで
支え合って生きていくんです。


しょっちゅう庭でBBQしそうw
毎日がパーティ気分。


みんな老後とかそんなに
心配はいらない。
大変ならいつでもきてくれたらいい。



そんなことを本氣で考えてます。
病気になって、やりたいことが
はっきりしました。


長くなってしまった。
そんなことを考えながら
明日からの研修がんばってきます。
ゆる~いがんばりですけどw


ブログ読んで下さってる方、
必要とされる方に
いつかお会いできますように。


山羊座木星期も楽しみましょ~♪



あまみ





いつもありがとう(^^)
今日も押してくれたあなたに
幸せがなだれ込みますように☆
押してね(はーと)
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




↑このページのトップヘ