忙しさにバタバタ暴れるあみです
明日は早朝に、Go Toです。


昔、LGBTという単語がなかった頃
レズビアンの概念もよくわからず
トランスジェンダーとどう違うのかも
わからない10代を過ごしてました。


自分は、男のコになりたいのか
好きな女性と結婚したいから、なりたいのか
女性のまま、女性を愛したいのか


その区別さえも、理解してなかった頃があった。


頭の中で、ごっちゃになっていたと思う。


10代の終わりに、すごくすごく好きな女性がいて
ハタチの頃、もう自分の人生で、こんなに人を
愛することはないなと、さっさと悟ってしまった。


あの時は、この女性と結婚するために
性別を変えなくてはいけないのかと
本気で思って悩んだ。


いろいろ調べたら、手術する前にすることとか
本当にたくさんあって、自分はそこまで
身体が丈夫なほうではなかったので


命を縮めるなって直感で理解した。
難しいなと思った。


そして、子どもが好きだったので
産めなくなるのは、それもつらいなとも
思ってた。


だからたぶん男性になりたいというわけでなく
あの彼女と結婚するために って観点で
考えていたんだと思う。


今の時代のように、法律を変えてもらう という
そういう発想がまったくなかった。

どう考えても、そんな時代ではなかった。


だから、男性になるしかって考えたんだと思う。

よくよく考えたら、女性のまま
女性を愛したいんだとはっきり認識した。
そういうのが自分でわかって
よかったと思う。



少し時が経って、自分の中にいる男のコが
どれくらいの割合なのか、知りたくて


はて、どうやったらわかるかなって
使ってない脳みそフル回転で考えて


ちょっとやってみたことがある。


その頃、大学ノートに毎日日記を書いてて
長い文章書いてたんだけど(変わってないなw)


その日記の主語、私 を、「僕」とか「俺」で
書いてみたら、自分の中の男のコが出てくるかなと


書いてみたんだよね。



そしたら、まあそれは、全然上手に書けないの。
全然、ペンがすすまない。
おかしいくらいに。


どう書いても、あみちゃんであって
あみ君にはならないし、すぐ書けなくなるし。


それを見て、
「あ、自分は男のコとして生きたいわけではないな」
って、ちょっと感じた。



なので、もしご自分が、FTMなのかなあ とか
悩んでるかたいたら、日記というか文章を
上に書いたように、ちょっと試してみると


自分の本音というか、本質を知ることが
できる部分もありますよ。
ぜひやってみてください。




それでは、明日は早朝に早起きしなくては
なので、もう寝ます。


今回は、L友、いつもの親友ちゃんにも
会えるのだ♪


皆様もよい週末を☆


また今度、おやすみん♪




にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村