LGBTQのお祭りでは
たぶん一番規模が大きい
東京レインボープライド

今年も盛り上がってるみたい


渋谷から表参道まで
パレードして歩いたり


ただのお祭り騒ぎじゃなくて
内容も充実してる


講演会やセミナー、相談室
音楽フェス、トークショー
もちろん出店も。


きっとセクマイじゃなくても
楽しく参加できるんだと思う。


去年も今年も
友達に誘われたんだけど


なぜか毎年
どうしようかな といって
結局ことわっている


本能的に、なんとなく
行きたいと思えないのだ


なぜなんだろう
今年は少し考えてみた


理由1.

公式サイトを見て
まず思ったこと



商業色、強すぎる。。。



スポンサーつくことはありがたい
規模も年々大きくなるし
認知度も上がる


もちろん参加企業のイメージも
上がるだろうし、メリットもある。





だけど本当に、セクマイのこと
本気で考えてくれてる企業が
どれほどあるのだろうか。




理由2
.

政治色、強すぎる。。。


これ、ホント驚いた。

なんなんだ、これは。
賛同しないと、票が取れないのか?
っていうくらい。

もうごっちゃごちゃに
入り組んできてる。


政治家の名前は出さないけど
人権が~ とかなんとか


あなたがいうか?っていう人も
ちらほらいるわねw


もうここまでくると
セクマイ当事者なんて
おいてきぼり。

政治利用、しまくり!
勘弁してほしい。


海外のレインボープライドでは
こんなことはない

日本だけがこの点で
とても特殊。




理由3.

LGBTQ当事者たちの
本当の問題が見えづらい


イベントは盛り上がり
世間から注目も浴びて
毎年毎年、好評の中で終わる。


主催の方も、参加した人たちも
充実感の中
連休を終える。


きっとただのお祭りでは
ないんだろうけど


楽しくてハッピーなお祭りの中

セクマイ当事者たちの気持ちは
どこに存在するんだろう
そんな風にぼんやり考えてしまう。



*--------------------*

きっと、そんな深く考えずに
楽しくパレードとか参加しちゃえば
案外楽しくて、来てよかった
なんて思えたりするのかもしれない。



子どもの運動会ですら
感動して泣いてしまうのだから
パレードの光景みて、泣く自信あるw



主催する方々のご苦労や努力や
成功させるための情熱など
本当にありがたくてすばらしいと
思っている。


こういう試みが積み重なって
時代の風潮とも合って
世間的に認知されてきたことも
本当に理解できる。


だからこそ、それが結構な力で
利用されてるような
動かされているような感触が
本当にイヤなのだ。

その中で、
どんどん大きくなっていくのが
ちょっと違和感感じる理由
なんだと思う。


とかなんとかいって
来年あたり、感動の参加レポとか
ここに書いてる気がするわw


一度は参加してみないと
見えてこない部分もあるもんね。


今の気持ちはこんな感じでした。
同じように、なんとなく
行きづらいって思う人いたら
お話してみたいな☆



あまみ

Twitterで、ブログの更新情報
お知らせしてます♪
ぜひ、つながりましょ^^/



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村